医療レーザー脱毛を行った場合、後遺症が残ることもあるのでしょうか? 絶対に無いとは言えませんが、後遺症が残る可能性は低いと思ってください。 もし、後遺症が残るとしたら、次のような症状です。 ・火傷跡 ・色素沈着 医療用のレーザーが肌に合わない場合、火傷を起こす可能性があり、その時に跡が残るかもしれません。 ただ、ほとんどの場合、火傷をしたとしても、施術を行っているのが医療機関なので、対応が早く跡が残ることはありません。 しかし、いい加減な医療機関で施術を受けると、処置が不適切になりがちなので、場合によっては火傷跡が残ってしまう可能性があります。 また、何度もレーザーを照射することによって、メラニン色素の分泌が過剰になってしまい、色素沈着を起こす場合もあるでしょう。 このように、健康に悪影響を及ぼしたり、日常生活に大きな支障をきたすような後遺症はありませんが、肌トラブルなどの外見上の後遺症を招く危険があります。 そのため、医療レーザー脱毛を希望する場合は、きちんとこういった後遺症が起こる可能性があるということを理解した上で、行うようにしてください。